{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

(続)咬み合わせ臨床講 ―失敗症例から考える

¥7,125 税込

送料についてはこちら

著)白石一男 2001年/B5判/96p  『咬み合わせ臨床講座(絶版)』の第2弾で、開業医が日常的に臨床の現場で苦慮している事象が題材です。  前半=『失敗症例』ともいえるケースを通した「反省」「再考察」「今後、同様のケースに対しての臨床指針」、後半=「ストレスの少ない治療のすすめ方」。 〔クリニカル・エッセイ〕 1 義歯にくさび状欠損? 2 画一化した治療を見直す時 3 とりあえずの治療で、まとまりのつかなくなった症例 4 予後を考えた適応症の見極め? 5 治療の選択肢と患者さんの認識 6 患者さんも、歯科開業医も、『自力本願』の精神で! 7 話がかみ合わない! 8 患者さんの都合 9 歯科医療という仕事の真理を見つめる時 10 8020運動もいいけれど 11 義歯に対するコンプレックスを感じさせないために 12 咬み合わせの成長と能動的な変化 〔特別座談会〕 『補綴・修復の視点からの“咬合治療”』